財布はお金にとって家のようなもの。

そこを心地よい環境に整えれば、お金は長く住みついてくれますし、たとえ出て行ってもすぐに戻ってきてくれるのです。

お金が自分のほうから、「この人のところに行きたい」と思う環境をつくることが肝心です。

では、住み心地のいい財布とは、どんなものでしょうか?

財布の色は重要!

色にはそれぞれパワーがあります。もちろん財布の色も金運を大きく左右します。

黄色


黄色は金の気を持つ色。 財をもたらしてくれる効果があります。

ただし真っ黄色だと、金運を招く力が強い分、出ていく勢いもあります。

つまり、お金が入ると使いたくなってしまう、浪費癖がつく色なのです。

これをおさえるには、安定を司る土の気を混ぜること。

やや黄土がかった黄色を選ぶと、財布の中でお金が安定します。

以下がやや黄土がかった黄色の財布。当サイト一押しの風水財布です。

幸せの貯まる財布 イエローレジさっとG

白色

白い財布には清浄化作用と同時にお金を貯めこむカがあります。

また、リセット効果が高いため、今までの金運を変えたい、
新たな金運を得ていきたいと思う方にお勧めです。

入ってくるお金も大きくなりますが、使い方が悪かったり、
古くなり過ぎたりすると、お金が出ていきやすくなりますので、注意が必要です。

白のおすすめ財布

ピンク

ピンクは自分の力というよりは他力本願でお金が増えていく財布です。

キャリア志向の女性には不向きのように思われるでしょうが、
女性は、自分の力にプラスアルファの運気が加わることでより金運が増えていくため、
どんなスタンスの女性にもお勧めのカラーです。

ピンクのおすすめ財布

黒色


黒い財布というのは基本的に今あるお金を守る財布です。

黒色はもっともっと上を目指したいという人よりも、
今あるお金をきちんと貯めていきたい人に向いています。

すでにビジネスなどで成功している人には良い財布です。

黒のおすすめ財布

ゴールド

ゴールド系は金運にはとてもいい色です。

自分の持つ金の気を増やし、財を与える力を持っています。

派手な印象があるので浪費をするようになるのではないかと心配する人もいますが、そこは黄色い財布とは違って大丈夫。

金運が枯れることなく泉のように湧いてくるでしょう、。

ただ、ゴールドやシルバーはギャンブル好きの人にはあまりお勧めできません。

金色のおすすめ財布

ライトイエロー

ライトイエローは黄色に水の気が入った金運財布で、楽しみながらお金を増やしてくれます。

自カでお金を増やしていきますが、苦もなくお金を集めてくれるため、
楽しく使えるお金を増やしてくれる財布です。

仕事に生きる、自分で働いて財を貯めたいという人にはお勧めです。

ライトイエローのおすすめ財布

赤色


風水では赤い財布というのは別名、「貧乏財布」と言われています。

赤は火に属するもの。
一瞬で自分の財を燃やしてしまうことに。

今の財を燃やすだけではなく、自分が持って生まれた財運までも燃やしてしまいます。

赤い財布だけは一瞬でも持たない方が良いです。

青色


青は流す色で、まさに入ってきたお金を流してしまいます。

パールブルーのような淡いカラーの財布は「増やす」という気を持っているので、
使い方次第では良い財布になるのですが、強い青色はお勧めできません。

特に、女性が持つと陰陽のバランスが崩れて金運を消耗することに。

青は「木」の気を鍛えてくれるため、
仕事運などには良いカラーですが、財布としては避けたほうがいい色です。

緑色


緑は悪いカラーではないけれど、一生懸命働かないとお金が入ってこない色です。

地味に働かない人のところには、お金が入ってきません。

紫色

紫色は金運よりもステータスをあげる力があります。

財を与える財布ではありませんが、ステータスを築くためにも適した財布だといえます。

濃紺色

黒に近い濃紺は「貯める」という気は持っていますが、
自分で貯める意思がなければ貯まらない色です。

自分でしっかりと貯めようという気持ちが大切です。

ベージュ


ベージュというのはお金が好む土のカラー。

お金を生み出して貯めてくれる財布になるカラーで、一般的には最もお勧めです。

女性にも効果がありますが、男性には特に効果があります。

茶色


茶色は、ベージュよりも「貯める」という運気が強まるカラーです。

黄土色


黄土色というのは「豊かさ」を強くしてくれるカラー。

楽しく、生活を楽しむためのお金を増やすのに適しています。

財布の材質

財布の材質は、手になじむものであれば何でも大丈夫ですが、なるべく本皮を選んでください。

本皮の財布は、素材となった動物が持っている性質をそのまま受けています。

ヘビ

ヘビは財を大きくする力があるので、ヘビ革の財布は金運アップに良いといわれています。

クロコダイル

クロコダイルは、一度その大きな口でくわえ込み、飲み込んだものは絶対に吐き出さないという習性があるため、財布に入ったお金を出さないようにして守ってくれます。

ただし、たとえ高価なものであってもオーストリッチにはそのようなエネルギーはありません。

牛革

上質な牛革財布の表面にツヤツヤとした光沢があれば、持ち主のステータスを上げるパワーを秘めていますので、金運もアップしやすくなります。しかしその反面、つい見栄っ張りになってしまうというデメリットもあるので少し注意が必要です。光沢のないマットな素材は、安心感を与えてくれます。

お金が出て行く二つ折りの財布

二つ折りの財布は金運を下げます。

二つ折りの財布にお金を入れると、お金は二つ折りにされ、
絶えず窮屈な思いをしなければなりません。

人間が腰を曲げたままではつらいように、お札だって同じです。

一刻も早く外に出たいという願いから、長いあいだ財布に留まることはけっしてなく、残るのは広々とした気持を味わえる小銭ばかりということになってしまいます。

長くいついて欲しいなら、お札がのびのび体を伸ばせる長財布を選んでください。

保管場所にも気を配ろう

お金は暗いところで増えるという性質があります。

一番お勧めなのほ、寝室の北側の暗いところ。

クローゼットやチェストなどを置いて収納します。

押入れがある場合は、箱などに入れてしまいましょう。

お金専用の保管スペースを作ることが金運を上げるコツ。

家に帰ったらバッグから取り出して保管しましょう。

バッグの中に入れっぱなしにしておくと、「動く」という気が生じて金運が消耗してしまいます。

キッチンのような火の気が強いところもNGです。 金運を燃やしてしまいます。

財布の寿命は3年

金運を上げるには、財布をこまめに買い替えることが大切です。

財布の寿命はだいたい3年。 それ以降は、金運効果は落ちるぱかり。

3年たったら新しいものに取り替え、使わなくなった財布は感謝の気持ちを込めて処分しましょう。

また、汚れて汚くなってしまった財布にもお金を生み出す力がないとされています。

思い切って捨てることで、今までため込んだ毒素を出すことができます。

お金をふやすには、財布にこんなマスコットを

財布の中に、小さなマスコットを入れておくと、お金がふえるといわれています。

お金が返るからカエル、ゼロという数字がないことからサイコロ、
お金を招く招き猫など、それぞれミニチュアが売られています。

変わったものでは、子供をたくさん生むからイノシシの毛、なんでも丸ごと飲んでふくらみ、脱皮を繰り返して成長するからヘビの脱けがらなどがあります。

また、金運は音の鳴るものに寄ってきます。

財布の金具のところに音の鳴るものをつけておくと、金運を呼び寄せることができます。

財布の中には「呼び銭」を入れておく

財布の中に中国の古銭を「呼び銭」として入れておくと、
金運アップの大きな効果があります。

本来、お金は寂しがりやなもの。

ひとりぼっちでいるよりは、大勢の仲間と一緒にいたいのです。

この古銭に引きつけられるように、ほかのお金が集まってくるというわけです。

また、純金も財運をパワーアップさせる強力なアイテム。

小さくてもいいから純金のコインを1つ入れておくと、お金を増やしてくれます。

札入れと小銭入れは別々に

小銭でパンパンになった財布には、大きなお金が入ってきません。

もしあなたが、ゆったりした気分を味わおうと、広々としたレストランに行ったとします。

しかし、そこで子どもたちがガヤガヤ騒いでいたらどうでしょう?

長居したいとはけっして思わないはずです。

それと同じ現象が財布の中にも現われます。

小銭がたまりがちな人は、財布とは別に小銭入れを持つことをおすすめします。

小銭入れを選ぷポイントは、サイフとおそろいのものか、遊び心のあるデザインであること。

財布にレシートやキャッシングカードを入れない

財布にレシートを入れないこと。

これは財運をつくるための鉄則です。

余計なもので財布をふくらますと、肝心なお金が入るスペースがなくなります。

お金に好かれたいのなら、財布の中はゴチャゴチャにならないよう整理しておきましょう。

仕事上、レシートや領収書を取っておかなくてはならない人は、
レシート用のポーチをひとつ用意しましょう。

また、財布の中には、お金にとってマイナスの要素を持つものは極力入れないように。

特に、キャッシング専用のカードなどを入れておくのは、
借金というマイナス要素をつねに財布に覚えさせているようなもの。

絶対に入れないように注意して。

お香の煙で財布の滞った運気をアップ

多少の出費があっても、タイミングよくお金が入り、徐々にふえるようであれば、金運は悪くはありません。お金はへりもしないけどふえもしない、もしくは、どうも出費ばかり目立つという場合は、金運は停滞・下降ぎみ。財布をお清めして、運気を一新させるとよいでしょう。

簡単な方法としては、お香の煙を財布に当てるのがお勧めです。

お金やカードなどをすべて出し、空にした財布を広げ、お香の煙が財布の中に入るように軽くいぶします。

長時間行う必要はなく、財布の表と裏、札入れやカード入れ、小銭入れの内側にまんべんなく煙を当てればOKです。

エステバン クール ド パリ スティック 40本入

このとき使うお香は、仏壇でいつも使っている線香でもかまいませんが、自分の好きな香りを使うと、よりあなたに適した財布に育っていくでしょう。

神社・仏閣など、いわゆるパワースポットには、"見えない世界"を源とした、限りないパワーがあふれています。そのパワーに触れた人は気(万物に宿るエネルギー)が活性化し、運気が上がる、つまり開運へと導かれるわけです。

パワースポットに出かけたときは、金運が開けるよう、場の持つスピリチュアルなパワーを、財布にも吹き込んでくるとよいでしょう。

特に難しい作法はありません。神社などでは、そこのしきたりに従ってお参りするだけ。その際、礼拝する場所の前に台があればそこに財布を置き、なければ自分が立ったすぐ前に白い紙を敷いて財布を置き、「この財布に金運が宿りますように」と、心で祈ってください。

財布は体の左側で持てば金運がアップし、右側で持てば恋愛運がグンと高まる

ふだん、体の左右どちら側に財布を身につけて持ち歩いていますか。また、財布からお金を出し入れするときは、左右どちらの手を使っていますか。

実は、財布を体の右側に持つか左側に持つかで、運気が変わるのです。ですから、右側、左側の意味や性質を理解して、自分の目的に合った側で財布を持つようにしてください。

それでは、体の右側と左側には、それぞれどんな意味があるのでしょうか。まず、左は「火足」が語源とされています。「火足」とは、「霊的なパワーや陽の気があふれる状態」のことをいいます。一方、右は「水極」からきていて、右は「陰」や「身」を表すとされています。

したがって、左側は、気持ちを外に向け、積極的な行動で勝ち取る場合の運気を高めるのに向いています。例えば、金運や仕事運、勝負運、勉強運などです。これらの運気を高めたい人は、体の左側に財布を身につけて持ち運ぶとよいでしょう。

一方、右側は、気持ちを内に秘めて、人に悟られないことで勝ち取るような運気を高めたいときに向いています。例えば、恋愛運や安全運などです。特に女性の場合、恋愛運を高めたいときは、体の右側に財布を携帯するのがお勧めです。

自分の舞い上がった気持ちや、好きだというドキドキ感を相手に悟られずに、向こうから告白してもらえるような形で恋愛が成就するからです。

また、ストレスが多くてイライラしている気持ちを周囲に悟られず、冷静さを装いたいようなときも、財布を右側に持つとよいでしょう。左右のどちら側で持つかさえ気をつけていれば、ジャケットやズボンのポケットに入れても、バッグやポーチに入れて持ち歩いてもけっこうです。

Q&A

二つ折りの財布は絶対にダメなの?

お金に財布の中で居心地よく過ごしてもらうことを考えると、やはり長財布がおすすめ。でも、どうしても折財布がいい、気に入ってる財布がある、という場合もありますよね。その場合は、折り財布でももちろん構いません。持ちなれない長財布で、乱雑にお金を扱うくらいなら、気に入った折財布のほうがずっと金運を上げてくれます。

ただし、折財布の場合は、できるだけ財布の中に、お金以外を入れないようにしましょう。財布の中には、レシートやカードは入れず、お札と小銭だけを入れるようにしてください。

また、フォーマルな場に行く場合や、取引の場合、大きなお金に縁のある場所に出かけるときは、長財布を持っていくようにしましょう。

人からもらった財布は使ってもいいの?

お金持ちや金運のいい人から、財布を譲り受けるのはラッキーです。その財布に宿っている金運も一緒にもらうことができます。財布をくれた人が、お金持ちでも金運がありそうな人でもなかったら、その財布自体の運を見極めて、運のいいポイントをクリアしている財布だと思うなら使ってもいいでしょう。

基本的には、自分が使う財布は自分が選ぶほうがいいといえます。そのほうが財布に愛着がわき、大切に使いますからね。

しかし、お金持ちや金運のいい人に一緒に買いに行ってもらうのはおすすめです。運のいい財布が見つかりやすくなりますし、買った財布に金運をつけてもらうことができますからね。

財布を捨てるときにはどうしたらいいの?

財布はできれば3年に一度は新しいものに変えましょう。新しい運気が流れ込まなくなってしまうからです。古い財布は、今まであまり運気がよくなかった場合は白い袋に、そうでない場合は黒い袋に入れて、雨の午後に捨てるようにしましょう。風水においては、お金を増やす金の気は水の気を吸って大きくなるからです。そして、古い財布を処分するときは、今までありがとう、と感謝の気持ちを財布に伝えましょう。